海外姉妹校交流


熊谷西高校はJames Hargest College
(ジェームズ・ハーゲスト・カレッジ) と姉妹校です

熊谷市の姉妹都市
ニュージーランドインバーカーギル市

にあります
 

熊谷西高校緊急情報

自然災害や交通障害の対応、防犯情報などを掲載します。
熊谷西高校緊急情報
 

いじめのない学校を目指して


 

彩の国教育の日

11月1日は「彩の国教育の日」
 

埼玉県からのお知らせ


毎日の埼玉県の情報をあなたのポケットに
(スマートフォン用無料アプリ)
新たに安心・安全機能搭載!
 
読書にしニャン図書委員や先生、
教育実習生のおすすめ本を
紹介します。
 

おすすめ本の紹介

おすすめ本を紹介します
1234
2018/09/26new

[図書館]教育実習生おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by:図書館
教育実習生が高校生におすすめする本を紹介します。

『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』
ディヴィッド・S・キダー、ノア・D・オッペンハイム/著 小林朋則/訳  文響社

タイトルの通り、1日1ページ読むだけで、
歴史、文学、芸術、科学、音楽、哲学、宗教と言った
教養が身につく本です。
米国でベストセラーになった本だと知り、
私も読み始めました。
高校生には難しい内容もあるかと思いますが、
少し背伸びしてチャレンジすることで、
自分の興味が広がるかもしれません。
また、1日1ページ読めばよいので、
忙しくても長く続けやすいですよ!
(石﨑先生)

13:14 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 教育実習生
2018/09/18

[図書館]図書委員おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by:図書館
『僕はロボットごしの君に恋をする』
山田悠介/著 河出書房新社
3度目のオリンピック開催が迫る
2060年の東京。
健は人型ロボットを使った
極秘プロジェクトの一員として
会社に勤めていた。
ところがその日常は
同僚の陽一郎の妹・咲の勤務先へ
テロ予告が届いたことで一変する。
健は自身の分身として四号を操作し
テロ対策に乗り出すが……
果たして、テロは防げるのか。
そして黒幕はいったい誰なのか。
「咲ちゃんは、僕が必ず守る」
すべての欠片が繋がったとき
あなたはきっと涙する。
ぜひ一度手に取ってみてください。
(2年・A)

09:45 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 図書委員
2018/09/03

[図書館]司書おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by:図書館
『のうだま やる気の秘密
上大岡トメ、池谷裕二/著 幻冬舎

2学期が始まりました。
でも、やる気が出ない
という人もいるのではないでしょうか。
そこでおすすめするのがこの本。
「のうだま」とは何か。
のうだまとは、脳にある淡蒼球のこと。
この淡蒼球が活性化することにより
やる気が出るというのです。
しかし、淡蒼球は
自分でコントロールできません。
では、どうすればよいのか。
淡蒼球を活性化する
スイッチを入れるのです。
この本には、その4つのスイッチと
物事を続けるコツが書かれています。
マンガやイラストが多いので
とてもわかりやすいです。
軽く読める、新学期におすすめの一冊です。


17:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 司書
2018/08/10

先生おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by:図書館
1年生担任の先生
おすすめ本紹介、最終回です。



『神様のカルテ』
夏川草介/著 小学館
信州の大学病院に勤務する内科医の栗原一止。
夏目漱石好きな、一見風変りですが、
心優しい主人公が真摯に
人の命と向き合おうとする奮闘記です。
妻のハルをはじめ、
脇役達の個性がキラリと光ります。
いわゆる「医療もの」ではなく、
笑いあり涙ありの「人情もの」です。
一所懸命に生きる姿に勇気づけられます。
続編もありますのでよかったらそちらもどうぞ!!
(中原先生)


『中学・高校数学のほんとうの使い道』
京極一樹/著 実業之日本社
現代社会において、
中学・高校で学ぶ数学が
「どこでどのように使われているのか」を
わかりやすく解説しながら、
数・公式の不思議な魅力を
ひも解いてくれる一冊です。
新書なので、気軽に読むことができます。
ぜひ手に取ってみてください。
(増野先生)


09:20 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 先生
2018/08/07

先生おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by:図書館
今回も1年生担任の先生方
おすすめ本紹介です。


『ツバキ文具店』
小川糸/著 幻冬舎
鎌倉で代書屋を引き継いだ主人公・鳩子。
代書屋という仕事を通して、
依頼者とのさまざまなやりとりに、
仕事への想いに引きこまれていく。
また周囲の住民、知り合いとの
人と人との心あたたまるつながりも魅力的な一冊。
(藤間先生)


「ナンシー関の本ならどれでも」

テレビっ子が死語となったが、
その最終形態で神であった「ナンシー関」は、
2002年39歳の若さでこの世を去った。
彼女は、世界初の消しゴム版画家で、
コラムニストでもあり、
その作品はテレビを媒体とした
舌鋒鋭い社会批判であった。
彼女の視点は、小論文のネタに事欠かないだろう。
もう彼女を超えるテレビ語りは出現しないだろう……
……あっ、いた。マツコ・デラックス!
(高橋先生)


09:05 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 先生
1234