海外姉妹校交流


熊谷西高校はJames Hargest College
(ジェームズ・ハーゲスト・カレッジ) と姉妹校です

熊谷市の姉妹都市
ニュージーランドインバーカーギル市

にあります
 

熊谷西高校緊急情報

自然災害や交通障害の対応、防犯情報などを掲載します。
熊谷西高校緊急情報
 

いじめのない学校を目指して


 

彩の国教育の日

11月1日は「彩の国教育の日」
 

埼玉県からのお知らせ


毎日の埼玉県の情報をあなたのポケットに
(スマートフォン用無料アプリ)
新たに安心・安全機能搭載!
 
読書にしニャン図書委員や先生、
教育実習生のおすすめ本を
紹介します。
 

おすすめ本の紹介

おすすめ本を紹介します
12345
2019/03/12

[図書館]図書委員おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館
『紙の魔術師』
チャーリー・N・ホームバーグ/著  早川書房

舞台は1900年代初めのロンドン。
ロンドンでは魔術が高度な専門技術とみなされていた。
少女シオニーは魔術師養成学院を首席で卒業したが、
人気のない紙の魔術の実習を命じられてしまった。
しかも師匠は困ったことに変わり者。
シオニーはやる気の出ないまま実習を続けていたが、
徐々に紙の魔術の魅力と師匠の優しさに気付き始める。
穏やかな日々が続いていくように思われたが、
ある日師匠が魔術師に襲撃され心臓を奪われてしまう。
シオニーは何としてでも師匠を助けるべく、
紙の魔術の基礎と持ち前の記憶力を発揮し
襲撃者の行方を追う。
シオニーの強い思いがどんな結末を描くのか。
弱いとされている紙の魔術で、
実習生でありながら強大な敵に立ち向かう
シオニーの勇姿をぜひ読んで感じてみてください。
(1年・NO)

10:06 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 図書委員
2019/03/06

[図書館]図書委員おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館
『変態王子と笑わない猫。』1~12
さがら総/著  KADOKAWA

今回は『変猫』と呼ばれるライトノベルを
紹介させてもらいたいと思います。
このお話の主人公で、
題名にあるように変態な横寺陽人と、
その後輩である筒隠月子、
その他の個性豊かなキャラクターたちが
繰り広げる物語は、
きっと読んだあなたを笑顔にしてくれるでしょう。
軽くあらすじを紹介したいと思います。
ある日、変態仲間の友人の様子が
おかしいことに気づいた横寺くんは、
自分の持て余している何かを
だれかに譲渡してくれる猫像の存在を認識します。
そんな時に横寺くんは月子ちゃんと出会い、
二人は猫像に祈ります。
その結果横寺くんは建前を失い、
月子ちゃんは表情を失います。
しかし、それぞれが
失くしてしまったものの大切さに気付き、
それを取り戻していくという物語です。
笑いあり涙ありといった、
ロマンティックコメディとなっております。
とても面白い作品となっているので、
皆さんにも是非読んでみてほしいと思います。
(1年・よしけい)

09:20 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 図書委員
2019/02/19

[図書館]図書委員おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館
『ラヴクラフト全集』全9巻
H.P.ラヴクラフト/著  創元推理文庫

20世紀の小説家H.P.ラヴクラフトが手掛けた作品を
一巻から別巻までの9巻にまとめたものです。
基本的にはアメリカが舞台となりますが、
あるときは南米、
あるときは南極大陸、
あるときは別世界、
果ては宇宙という壮大なスケールで
物語が描かれます。
主人公が奇妙な事件に遭遇したり、
不気味な書物や手記を入手し、
狂人や人ならざるものの襲撃を受けたり、
未知なる生命体に遭遇したり、
邪悪なるものの存在に翻弄され、
破滅を匂わせて物語が終わります。
しかし、人間の意地や根性、叡智の力によって
それらを退けるところも魅力です。
ホラー系のようなものを読みたい人や、
恐怖や絶望に酔いしれたい人、
今時の小説に飽きたという人にお勧めです。
是非読んでみてください。
(1年・T)

09:58 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 図書委員
2019/02/07

[図書館]図書委員おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館
『天使は奇跡を希う』
七月隆文/著  文藝春秋
あなたは奇跡を信じますか?
この本には天使が出てきます。
その天使がついた嘘が
のちの展開に大きく関わってきます。
奇跡を信じて行動した天使。
その奇跡を目撃した友人。
あなたはラスト30ページに
釘付けになるでしょう。
そして、涙がこみあげてくるでしょう。
この奇跡を少し紹介させてもらいます。
新海良史のいるクラスにある日、
星月優花という人物が転校してきた。
その人物は、
背中に大きな白い翼を伸ばしていた。
ひょんなことから良史は優花を
天国に帰すことを手伝うことになる。
「―――私を天国に帰して。」
それは、心で泣きながらついた嘘だった。
どうでしょうか。
続きが気になりませんか? 
ぜひ、友人の大切さ、
恋をしているときの甘酸っぱさ、
奇跡を信じる心を、
ラストに隠されている真実を読んで
泣いてください。
切なくとも優しい話をあなたの元へ。
(1年・A)

11:11 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 図書委員
2019/01/31

[図書館]先生おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館
『英文の読み方』
行方昭夫/著  岩波書店
「英文を読んでも、日本語訳を介さないと内容がつかめない。」
「内容はわかる気がするが、日本語に訳せない。」
「英語で、読めたという実感が持てない。」
そんな人によい本だと思います。
著者の解説に従って
読み進めていくうちに、
曖昧で意味のはっきりしない英文が、
すっきりとした意味を持つ文として
理解出来るようになります。
同じ著者の
『東大名誉教授と原文で楽しむ英文読書術』も
よいと思います。
類似の書名の本が多いので
注意してください。
こちらのほうが、
この新書よりも英文が易しく、
読みやすいと思います。
また、文法、語彙、構文、内容等の説明も詳しく、
どの作品も読後深い余韻をのこしてくれます。
じっくりと英文に向き合い、
英語で読書を楽しむのはいかがでしょうか。
(相馬先生)


『永遠の0』
百田尚樹/著  講談社
映画化もされたが、
是非、原作を読んでもらいたい。
2年生は沖縄で学んだこと、
平和への想いを
さらに深めてほしいと思います。
(古川先生)


10:20 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 先生
12345