海外姉妹校交流


熊谷西高校はJames Hargest College
(ジェームズ・ハーゲスト・カレッジ) と姉妹校です

熊谷市の姉妹都市
ニュージーランドインバーカーギル市

にあります
 

いじめのない学校を目指して


 

彩の国教育の日

11月1日は「彩の国教育の日」
 

埼玉県からのお知らせ


毎日の埼玉県の情報をあなたのポケットに
(スマートフォン用無料アプリ)
新たに安心・安全機能搭載!
 

カウンタ

あなたは2016年6月23日から14082人目のゲストです!

日誌

バスケットボール部女子
12345
2017/12/14new

[バスケットボール部女子] クリーンアップ大作戦&国際交流

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 期末考査最終日(12/13)、女子バスケットボール部も籠原駅クリーンアップ大作戦に参加しました。前回に続き、女バスの担当は校内入り口付近の花植えでした。この日はかなりの寒さで、しゃがみ込んでの花の植え替えは忍耐のいる作業でしたが、部員達は色のバランスを考えたり配置を工夫したりと楽しみながら頑張っていました。今回の集合写真は「一番の花は私たちです!」という部長の言葉に従い、部員達のまわりを花が取り囲むという配置にしましたが、いかがでしょうか(笑)。この後、久しぶりの練習でしたが、この日はみんなでゲームを楽しんで身体慣らしをしました。

 翌12/14、マレーシアからTEH YONG XIN (通称アシン)さんが熊谷西高校を訪れました。行田ライオンズクラブの関係で日本に短期留学している彼女は、日本の高校を体験したいということでわずか3日間ですが西高に通います。本校でのホスト生徒がバスケット部員ということもあり、放課後バスケット部の練習に参加・見学しました(集合写真の真ん中でボールを持っているのがアシンさんです)。本物の英語に触れたり異なる文化を感じたりできる良い機会なので、ぜひとも積極的に交流を楽しんでくれることを期待しています。ちなみに彼女の住んでいるペナン島は、顧問も訪れたことがありますが、安くておいしい屋台の食べ物やきれいなビーチが満喫できる素敵なリゾート地ですので、皆さんも機会があれば一度訪れてはいかがでしょうか。





19:30 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/11/27

[バスケットボール部女子] 新人大会&持久走大会&熊谷市中高合同研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 熊谷西高校女子バスケット部は、11/18(土)に決勝リーグ進出をかけて正智深谷高校と対戦しました。ゲームは出だしから相手ペースで、あっという間に点差を広げられ、最終スコア32-114と完敗でした。高さ、強さ、うまさ・・・どれをとっても相手が一枚も二枚も上で、選手たちも県で上位を争うチームの力を肌で感じたはずです。負けはしたものの、どんなに点差が開いても最後まで戦う姿勢を見せた部員たちの姿にベンチは一筋の光明を見出すことができたように思い満足でした。正智深谷はその後も他を寄せ付けず優勝を果たしました。
 敗戦から間もない11/22には校内持久走大会が熊谷スポーツ文化公園で行われました。前日の練習後、「自分との戦いに負けるな!」と持久走大会へ向けて檄を飛ばしたところ、見事に応え素晴らしい結果を出してくれました。2年生はほとんどの者が昨年を上回る結果を残し、1年生も全員が1桁または2桁順位でゴール。全校女子上位10位の中に女子バスケット部員がなんと5人も入ってくれました! 日頃から「走るバスケ」を標榜する西高女バスですが、日々の地道な練習により走力が上がってきたといえるでしょう。レース後は引退した3年生も交じって恒例の写真撮影。学年関係なく仲の良い西高女バスの雰囲気を感じてもらえたら幸いです。


 11/26(日)には熊谷西高校を会場に、中学生の熊谷市選抜チームと熊谷市内の高校1年生の合同チームとの練習ゲームが行われました。(女子は熊谷西・熊谷女子・熊谷商が、男子は熊谷西・熊谷が参加しました。)高校女子チームは最初高校ごとにチームを組んで戦っていましたが、途中からポジション別に分かれてミックスチームを編成しました。高校別だったときは、何かよそ行きだった雰囲気が、ミックスチームにしたことで応援の声も大きく盛り上がりを見せ、プレイにも勢いが出たようでした。こうした機会に知り合ったバスケット仲間の結びつきを大切にして、これからも友達の輪を広げていってください。また中学生はさすがに選抜チームだけあり、随所にうまさ、強さを見せ、高校生チームに勝つゲームも少なくありませんでした。来月行われる北部選考会でも活躍し、北部選抜、埼玉選抜・・・めざしてください。中学生には直接話しましたが、バスケットが得意で大好きな皆さんが、地元熊谷市内の高校に進学し、高校でもバスケットを続けてくれることを期待しています。(特に熊谷西高校女子バスケットボール部をよろしくお願いします!)

18:45 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
2017/11/13

[バスケットボール部女子] 新人戦ベスト8進出・県大会出場決定!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 11/11,12に行われた新人大会北部支部予選で熊谷西高校女子バスケット部はベスト8に進出し、県大会出場を決めました。
 11/11(土)に行われた2回戦(西高はシードのためこの試合が初戦)で西高は本庄第一と対戦しました。今年の本庄第一は高さもうまさもある好チームで、1年生大会では予選リーグで対戦し敗戦、夏に行った練習ゲームでも完敗。おまけに西高主力は修学旅行から中3日しかない日程でコンディションも含め不安だらけのゲームでした。案の定、前半は自滅ともいうべきミスが多く(「うちの部には何人のミス熊西がいるんだ!」)、19-29の10点ビハインドとなりました。ハーフタイムには、第3ピリオドで一気に逆転するのは難しいから、まずは一桁差にしようと話し、ディフェンスをハーフコートに変え、そこからの当たりを強めたところ、足が動き始めて攻撃のリズムも良くなり、わずか4分ほどで1点差に詰め寄ると、主力の体力温存のため交代したメンバーががんばって逆転に成功。その後一進一退を繰り返し同点で第4ピリオドを迎えました。僅差のしびれる展開が続く中、終始リードを保った西高が63-60(11-14,8-15,27-17,17-14)で逃げ切り、この大会2年連続の県大会出場権を獲得しました。出場した選手はもちろんですが、チームファウルのカウントをテーブルオフィシャルがミスし、相手にフリースローが与えられるところを未然に防いだスコアラーの隠れたファインプレイもありました。
 続く3回戦は熊谷商業戦です。同じ熊谷市内の高校で、よく練習試合をやらせてもらっていることもあり、お互い手の内を知っている者同士の対戦です。わかっているにもかかわらず、出だしで西高は相手のプレスディフェンスに手こずり、またしても「ミス西高」が続出。一時は6点差まで広げられますが、この日はシュート確率が良く、苦しいながらも逆転し前半を34-30(15-13,19-17)で折り返します。第3ピリオドに入ると、相手が1-3-1ゾーンディフェンスを仕掛けてきましたが、確率の良い外角のシュート、ゾーンを組まれる前に攻め切る速攻、ディフェンスが広がった所へ飛び込んでゴール下を攻めなど、イメージ通りのプレイであっという間に点差を開くと、このピリオドを24-12とダブルスコアで終えました。最終ピリオドで相手のギャンブル気味のディフェンスにやや受け身に回り、一時8点差まで詰め寄られますが、そこから崩れることなく落ち着いてゲームをコントロールした西高が最終スコア77-67で勝利しました。
 今年の2年生は中学校時代に県大会を経験した部員が一人もおらず、練習ゲームでも負けてばかりでしたが、大事な場面でコートに立ったひとりひとりが持てる力を出し切ってくれました。また、西高女子バスケット部では試験1週間前(10/12)から完全試験休みにしており、中間試験終了後数日で修学旅行、修学旅行直後に大会ということで、コーチとしては不安だらけでしたが、心配されたスタミナ不足も気力で乗り越えてくれた部員たちを誇りに思います。これだけ厳しい日程の中、県大会出場を決めたときには、心なしかコーチの目頭が熱くなっていたとかいないとか・・・(笑)。11/18には第1シードの正智深谷と対戦します。埼玉トップレベルの実力を肌で感じ取り、一層の飛躍を遂げてくれるでしょう。もちろんジャイアントキリングを目指してがんばります! 「可能性は0ではない!」

08:00 | 投票する | 投票数(20) | コメント(0)
2017/11/08

[バスケットボール部女子] 修学旅行から新人戦へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 11月4日~7日、沖縄へ修学旅行に行ってきました。詳細は新着情報をご覧いただくとして、写真(上)は伊是名島へ向かうフェリーの船上で男女バスケット部員全員(男女両部ヘッドコーチを含む)で写したものです。(下は五十路のおじさんと11人のティーンエージャーたち。)この日は波浪警報が出た模様でかなり揺れましたが、1時間ほどで無事到着しました。伊是名島はサンゴ礁に囲まれ、小高い山が連なる小さな島で、豊かな自然と昔から変わらない集落の風景が魅力です。農民から琉球国王となった尚円王(しょうえんおう)の生誕地として知られ、悠久な歴史が続いているこの島でのマリンスポーツや民泊先での家業体験を満喫した部員たちは、身体中一杯に太陽の日差しを浴びエネルギーを充満させて埼玉に帰ってきました。尚円王にあやかり、新人戦では一気に頂点をめざします! まずは11/11(土)、深谷高校会場で第三試合に県大会出場をかけて本庄第一高校と対戦します。続く第四試合は男子が登場、熊谷商業高校と対戦です。いつも同じコートで練習している仲間同士、一緒に勝ち上がろう!


09:11 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2017/08/28

[女子バスケットボール部] シードチームを撃破し、県北選手権ベスト8!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 8/21(月)~25(金)にかけて夏の総決算ともいうべき県北選手権大会が行われました。今大会、女子はベスト4シードのうち3チームが敗れる波乱の大会となりましたが、その一翼を担ったのが熊谷西高校でした。
 ノーシードの我がチームは1回戦深谷高校と対戦し、出だしの第1ピリオドで 39-4と圧倒すると、その後も手を緩めることなく96 - 30で快勝しました。続く2回戦が山場となる第4シードの松山女子高校戦。現ヘッドコーチが2年前に就任して以来、何度も苦杯をなめさせられた因縁の相手です。2年前の1年生大会(熊西は1年生が足りず、2年生との合同チームでしたが、それでも松女の1年生チームに敗北)、それに続く県北選手権大会、今年の新人戦県大会、現3年生最後の高校総体予選、さらには今年の1年生大会と常に我々の前に立ちはだかってきました。組合せが決定した時から、この試合を目標にがんばってきた結果、第1ピリオドこそ18-16と接戦だったものの、第2ピリオド以降この夏みんなで取り組んできたオールコートマンツーマンプレスディフェンス(ちなみにオールコートディフェンスがかなり疲れることは『スラムダンク』でも紹介されています)が効果を発揮し、最終的に99-50と完勝することができました。準々決勝の桶川高校戦、出だし絶好調の熊西は22-11とリードするものの、その後相手のゾーンディフェンスに対して対応しきれず、相手の高さにも苦しみシュートの確率が低下し、第4ピリオドで引き離され48-62で敗れ、最終日の順位決定戦へ回りました。残念ながら最終戦の早大本庄にも敗れ、最終順位は7位。それでもこの大会で最終日まで残ることができ、公式戦を4試合も戦えた経験は部員にとって大きな財産となったはずです。
 今大会は平日開催で、なおかつ会場が秩父地域中心にもかかわらず、多くの保護者の方々に応援していただきありがとうございました。また、「今日の熊西」コーナーの「男女相互に試合を応援 さわやか西高生」にもあるように、男子部員の応援も大きな力となりました。男子部員諸君、ありがとう。
 今大会は波乱続きであったため、実力的には西高と同等以上の学校がノーシードにたくさんいます。この秋はさらに実力を蓄えて、新人戦でも今大会以上の結果を残せるようにがんばります。みなさん、熊谷西高校女子バスケットボール部の応援をよろしくお願いいたします!


11:00 | 投票する | 投票数(20) | コメント(0)
2017/07/21

[女子バスケットボール部] 体験入部受付中!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 今年からウィンターカップの予選が支部大会から行われるようになり、西高女子バスケット部は7/15(土)に進修館高校と対戦しました。
 西高は3年生が受験に専念するということで、1,2年生による新チームでの参加となりました。3年生が全員残る進修館高校相手にどこまで戦えるかチャレンジのゲームでしたが、結果は52-80で完敗。新チーム結成から日も浅く、練習試合も1回のみということで、「勝ち負けは気にせず、とにかく夢中で、めいっぱいがんばれ!」という指示のもと、ベンチ入り15名を3チームに分け、とっかえひっかえで戦いましたが、まだまだ力不足でした。しかしながら、西高の持ち味である速攻がコンスタントに出せたことや公式戦初出場の1年生チームもなかなかがんばってくれたことなど収穫もあった大会となりました。



 さて、ホームページのトップメニューにもありますように、今年から学校全体の取り組みとして、体験入部(及び部活動見学)を行います。女子バスケット部は8/10(木)の午後1:30から開始となります。中学3年生の皆さん、学校説明会の後、ぜひご参加ください! なお、部活動見学は随時受け付けております。ちなみに、8/4~8/7は校内合宿を行っていますので、興味のある方は、遠慮なくいらしてください。(見学の申し込み等は不要です。)お待ちしています!
11:00 | 投票する | 投票数(17) | コメント(0)
2017/06/28

[女子バスケットボール部] 夢中で!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 3年生が引退し、新チームがスタートしてからおよそ3週間が経ちました。先日の土曜日には保護者会が行われ、さらに翌日曜日は新チームにとって初めての対外練習ゲームを経験しました。勝ち負けはともかく、現在顧問が強調している「夢中でやれ!」という檄に応え、部員たちは目一杯バスケットに取り組んでくれました。高校では初めての本格的練習試合を経験した1年生の中には、「今までで一番楽しい練習試合だった!」と話す部員もいて、練習へのモチベーションが一段とアップしたようです。
 また、6/27には恒例の籠原駅クリーンアップ大作戦に参加しました。前回同様、女バスの任務は、生徒会役員の生徒と共に、校門入ってすぐ目に入ってくるプランターへの花の植え込みです。普段土いじりをする機会などない部員たちが、それこそ夢中で花の植え替えを行っていました。西高を訪れる機会には、ぜひ鑑賞してください。なお、この活動をもって、女子バスケ部は試験休みに入ります。次の活動は7/10考査最終日からです。それまでは、バスケットへの情熱をしばし眠らせ、夢中で勉強に取り組んでくれることでしょう。勉強とバスケット・・・西高女バスは二兎を追うのだ!



         <プランターで作った文字、読めますよね・・・(笑)>
08:00 | 投票する | 投票数(26) | コメント(0)
2017/06/12

[女子バスケットボール部] 感謝!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 3年生が引退しました。先日行われたインターハイ北部支部予選で松山女子高校に敗戦し、彼女たちの高校バスケットボール生活が終わりを告げました。ヘッドコーチである私が西高に赴任した年に入学した今年の3年生は、いわば同期の桜。お互いに手探り状態で部活動の形を作るべく無我夢中で邁進してきました。その結果、新人大会では12年ぶりとなる県大会出場を果たし、新生西高女バスの歴史にしっかりと足跡を残してくれました。
 6/11には引退試合が行われ、たった5人の3年生が22人の下級生を相手に獅子奮迅の活躍を見せ、「君たち、まだまだ甘いね!」とばかりにキレッキレのランニングバスケットを披露してくれました。(1,2年生は次の卒業記念ゲームで現役の貫録を示さないと、コーチの雷が轟くかも・・・。)
 今後はボールを持つ手にペンを握りしめ、自分の進路に向かって羽ばたいてください。今の君たちに贈る言葉は、ただただ「感謝!」の一言です。ありがとう。


   ↑ 負けたという経験が、いつかきっと財産になる! "TAKE IT EASY!"
                                         未来に向かって翔べ、五人娘! ↓ 

08:00 | 投票する | 投票数(28) | コメント(0)
2017/05/25

[女子バスケットボール部] 中間考査終了、いざ高校総体予選へ!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 中間考査がようやく終わりました。勉強と部活動の両立を常に強調している女子バスケット部の部員たちは精一杯取り組んでくれたことと思います。
 テストが終わったら、すぐインターハイ予選です。先日の北部支部選手権大会(関東大会予選)では、残念ながら2回戦で深谷第一に敗れてしまい、シード権を失ってしまいました。抽選の結果、1回戦は松山女子高校。現3年生が1年生大会で先輩との合同チームでも敗れ、今年の新人戦県大会でも敗れた相手です。県大会では自分たちのバスケットができず、悔しい思いをしました。結果はどうあれ、3年生はこれまで培ってきたものを悔いなくすべて出し切ってくれることを望みます!



 1年生が11人入部してくれました。部員は総勢27人! チーム内で5対5ができなかった時を思うと隔世の感が・・・。
 今年の3年生のテーマ ” TAKE IT EASY ” でゲームを楽しもう!
17:30 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2017/05/01

[女子バスケットボール部] 支部選手権1回戦、激闘を制す!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 春の関東大会につながる支部選手権大会が4/30(日)から始まりました。西高1回戦の相手は、新人戦1回戦でも対戦した本庄第一高校。前回は終盤までもつれた末に何とか振り切りましたが、今回も高さ・体格で上回る相手に苦戦を強いられました。
 第1ピリオド、出だしからシュートが好調で得点を重ねるものの、相手も3ポイントシュートをズバズバと決めなかなか離しきれませんでしたが、要所でもらったフリースローを良い確率で決めると26-19の7点リードで終えました。その後は一進一退で第2第3ピリオドは同点(13-13,19-19)、結局7点リードのまま最終ピリオドを迎えました。常にリードを保ったままゲームは進みましたが、こちらのミスや相手の思い切りのよい3ポイントなどで残り1分で同点に追いつかれてしまいました。この苦しい場面でキャプテンが最後の力を振り絞り決死のドライブを試みると相手はたまらずにファウル。そして、このしびれる場面でフリースローを2本ともリングに沈めた・・・さすがキャプテン! この後もひやひやの場面はありましたが、何とかリードを守り切り、72-70で勝利しました。
 この日試合が無かったにもかかわらず、練習後に会場の熊谷農業高校まで駆けつけて声の限り精一杯の応援をしてくれた男子部員には感謝感謝です。平日は同じコートを使って練習をしている仲間の声援がどれほど心強かったことか・・・。共学校の良さを実感した瞬間でした。
 次戦は5/3(vs深谷第一)です。深一はノーシードながら、ここ何年間も常に北部支部で上位をキープしてきた実力校です。あくまでもチャレンジャー精神を忘れずに、勝ち癖のついた真新しいユニフォームを身に纏い、行くぞ西高女子バスケット部!

<上:新しいユニフォームで勝利のポーズを決める3年生 下:勝負を決めたフリースロー>

10:00 | 投票する | 投票数(21) | コメント(0)
12345