海外姉妹校交流


熊谷西高校はJames Hargest College
(ジェームズ・ハーゲスト・カレッジ) と姉妹校です

熊谷市の姉妹都市
ニュージーランドインバーカーギル市

にあります
 

いじめのない学校を目指して


 

彩の国教育の日

11月1日は「彩の国教育の日」
 

埼玉県からのお知らせ


毎日の埼玉県の情報をあなたのポケットに
(スマートフォン用無料アプリ)
新たに安心・安全機能搭載!
 

カウンタ

あなたは2016年6月23日から20478人目のゲストです!

日誌

バスケットボール部女子
12345
2018/06/11

[バスケットボール部女子] 引退!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 インターハイ北部支部予選が終わりました。西高女子バスケットボール部は残念ながら寄居城北高校に敗れ、県大会出場はかないませんでした。インサイドを徹底して抑え、外角シュートに対しては遅れてでも頑張ってチェックするというコンセプトで臨んだゲーム。前半はかなり思惑通りの展開でしたが、第2ピリオドの後半、中から外へさばかれたボールへのチェックが甘くなったポイントを見逃してはくれず、立て続けに2本の3ポイントシュートを決められ、得点差を一気広げられてしまいました。後半に入り相手のシュート確率が上がるのに対して、西高は持ち前の速攻を見せるものの単発気味で、じわじわ点差を広げられ、試合終了となりました。
 この後ウィンターカップの予選があり、3年生にも出場の権利はありますが、熊西女バスの3年生は進路実現に向けた準備もあり、この試合で引退となりました。最後まで全力を尽くしたこともあり、試合終了時はさわやかな表情を見せていた彼女たちですが、ミーティング時にはさすがにこみあげてくるものを抑えることはできませんでした。
 この代は現顧問が異動した次の年に入学した部員たちでしたが、異動したばかりの年に入部した部員が当初2人だけだったこともあり、いろいろな中学校とゲームをしたり、中学校の大会に顔を出してスカウトしましたが、結局声をかけた生徒は誰一人受験せず、どれだけの部員が入部するのか皆目見当がつかない中、入部してくれた11人でした。最後までわがままな顧問に付き合ってくれ、新人戦では県大会に連れて行ってくれた彼女たちには感謝しかありません。(次の年も11人入部し、「部員数だけなら北部のベスト4に入れる!」とは前顧問の山出先生のお言葉です(笑))
 この日会場である鴻巣女子高校まで応援に駆けつけくれたこの春の卒業生5人や現3年生のおかげで、部の基礎は完成しました。ここからは次のステップへ向けて大きく飛躍したいものです。新チームの目標は県大会出場ではありません。県大会でどれだけ勝てるかです。3年生の作ってくれた土台は強固なものです。その土台をさらに発展させるのが次代を担う部員の役目です。がんばろう新チーム!
 今後3年生は大きなボールを細いペンに持ち替えることになります。先が見えずに迷ったときは、3学年の担任であるとともに進路指導部の一員としていくらでもアドバイスするから、遠慮せずに相談しろよ。3年生、次の目標に向けて走り切れ!
 また、最後まで物心両面にわたり支援くださった保護者の皆さま、本当にありがとうございました。
 
10:00 | 投票する | 投票数(15) | コメント(0)
2018/06/04

[バスケットボール部女子] インターハイ予選開始!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 いよいよ高校生にとって最大のイベントである高校総合体育大会(インターハイ)の北部支部予選が始まりました。(日本バスケットボール協会は今後ウィンターカップを最大の大会にと考えているようですが、現在のところはまだインターハイが最大の大会と言ってよいでしょう。)
 西高女子バスケット部は6月2日(土)、1回戦をシルクドームで大妻嵐山高校と対戦しました。最後の大会と意気込む3年生はやや肩に力が入りすぎたのか、出だしで外角のシュートがなかなか決まらずじれた展開となりましたが、「脚力にスランプはない!」という日頃からの意識が徐々にリズムを作り、速攻を中心に得点を重ね26-3と大差で第1ピリオドを終了しました。このピリオドでは、途中出場の下級生チームが溌溂とした動きで相手をかき回してくれたのが印象的でした。その後も手を緩めることなくベンチ入りメンバー15人がそれぞれの役目を忠実に果たした結果、熊谷西 112 - 26 大妻嵐山(26-3,26-3,25-11,35-9)と完勝することができました。(現顧問となってから公式戦では初めての100点ゲームでした。)
 この結果、6月9日(土)2回戦で第1シード寄居城北高校と対戦することになりました。寄居城北高校とは現在の3年生が1年生の時、1年生大会予選リーグ初戦で対戦し完敗した相手です。その後何度か練習ゲームなどで対戦しましたが、速さ・高さ・うまさのある素晴らしいチームです。しかし、西高の部員もあれから大きく成長してきました。勝利を目指して自分たちの持てる力をすべて発揮し戦ってきます!

1回戦前日、後輩たちから3年生へ激励が…「気楽にやれよ!」












13:00 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
2018/05/07

[バスケットボール部女子] 支部選手権大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 GWに支部選手権大会(関東大会予選)が行われ、1回戦シードの西高女子バスケット部は4/30に2回戦で進修館高校と対戦しました。
 試合の入りについては十分注意したつもりでしたが、練習通りのプレイがコンスタントに行えず、早い段階でのファウルトラブルやいくつかのアクシデントもあり、前半は19-36の17点ビハインドとなってしまいました。第3ピリオドでも本来のプレイが十分にできたとはいえないものの、ベンチの予想以上に徐々に点差を詰めていき、ピリオド終了時点でついに同点に追いつきました。第3ピリオドで追いつき、第4ピリオドで逆転して勝利を収めた新人戦の県大会出場をかけた試合の再現を期待しましたが、相手が思い切りよく放ったシュートがボードに当たって入るバンクシュートが決まるなど勝利の女神は西高には微笑んでくれませんでした。
 「負けに不思議の負けなし」の言葉通り、これは必然の結果でした。部員たちはよく頑張りました。17点も開いた差をあきらめずに追いついた気力には頭が下がります。問題はベンチが有効な手を打てなかったこと。とくに選手交代についてはあきらかにベンチのミスです。第3ピリオドでスタートメンバーにもう少し余裕を持たせてあげていれば、第4ピリオドは別の展開になっていたかもしれません。
 ここまで比較的順調に戦績を向上させてきた西高女バスにとって、まさに苦杯をなめた一戦となりました。しかしまだ高校総体予選が残っています。高く飛躍するためには、一度深く沈むことも必要です。この苦い経験を糧として、3年生にとっては最後の大会となる高校総体予選で自分たちのバスケットをやり抜きましょう。
   "She  laughs  best  who  laughs  last ."
    (最後に笑うものが最もよく笑う)


 
14:30 | 投票する | 投票数(21) | コメント(0)
2018/04/23

[バスケットボール部女子] 歓迎!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 4/20(金)に新入生の入部手続きが行われ、西高女子バスケット部は8名のニューフェイスを迎えることとなりました。2,3年生に比べるとやや少なめですが、このメンバーは春休みや新学期早々から体育館に顔を出し練習にも参加していたバスケット大好き人間ですので、今後西高女子バスケット部の伝統を引き継ぎ、部を大いに盛り上げてくれることでしょう。。1年生が少なめとはいえ、3年生11名、2年生10名と合わせて総勢29名の大所帯となり、熊谷西高女子運動部では最大勢力となりました。(3年前と比べると隔世の感を禁じえません(涙)。)メンバー全員の力を結集して、来たる支部選手権大会(関東大会予選)に臨みます。
 4/16(月)に行われた抽選の結果、西高は1回戦シードで4/30の2回戦が初戦となります。日程も決定し、練習も一段と気合が入ってきた今日この頃。大会では西高女子バスケット部が磨きをかけてきたスピード感あふれる西高バスケットを披露しますので、ぜひ応援よろしくお願いします!


09:45 | 投票する | 投票数(26) | コメント(0)
2018/04/02

[バスケットボール部女子] 日本代表候補選手と合同練習

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 3月31日~4月1日の2日間、特別顧問である江上勝幸先生にご指導していただきました。厳しい中にも愛情あふれる情熱的なご指導により、もつれた糸がほどけかかり、今後の光明が見えてきました。
 この期間、児玉ミニバスのOGである中学生も数名練習に参加してくれました。児玉ミニバスも江上先生の薫陶を受けたチームであり、めざすバスケットが同じであるため違和感なく高校生と練習できました。高校生もたじたじのプレーが随所に見られ、高校生もうかうかできない状況でした。(ぜひ西高への進学を考えてください!)
 4月1日には児玉ミニバスOGを中心に江上先生を慕う社会人の方々が数名、先生の顔を見るために集まりました。その中の一人が現在Wリーグで活躍中で、日本代表候補選手である落合里泉選手(シャンソンVマジック所属)です。貴重なオフの合間に短い時間ではありましたが、西高バスケット部員と一緒に練習してくださり、随所に華麗なプレー(特に鮮やかなパスは部員たちにも見習ってほしい!)を披露してくれました。思わぬサプライズに部員たちも大いに刺激を受けたようです。
 春休みも残り半分。全力でコートを走り切れ!


17:00 | 投票する | 投票数(29) | コメント(0)
2018/03/27

[バスケットボール部女子] 惜別

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 終業式前日の3月22日(木)に先日卒業した先輩の追い出しゲームが行われました。6月の引退試合では、さすがの貫録を見せて後輩を圧倒した彼女たちでしたが、さすがに受験勉強でのブランクはいかんともしがたく、現役部員のスピードについて行くのは難しかったようです。(引退後も現役時代と同じような食生活を続けた結果、〇㎏もbigになった部員もいたとか(笑)。あれだけ激しい運動量だったのだから、そりゃ当たり前だろ!)バスケットがしたくなったら、いつでも戻ってきてください。へろへろにさせてあげます。
 また卒業生も集まったこともあり、この3月を最後にご退職なされる顧問の山出先生への花束贈呈も行われました。山出先生は写真部顧問も兼任され、理数科担任、今年度は渉外部主任と多忙な中、休みの日はほとんどバスケット部の活動に参加してくださり、ときには的確なアドバイスを、ときにはユーモアを部員やヘッドコーチに提供してくださりました。長い間ご苦労様でした。そしてこれまで本当にありがとうございました。





 去るものあれば、来るものあり…ということで、間もなく新入生がやってきます。すでに何人か練習に参加してくれました。熊谷西高校女子バスケットボール部に入部を考えている新入生は、ぜひ遠慮なく参加・見学してください。お待ちしてます! 春休みの課題等でわからないことがあれば、先輩が親切丁寧に教えてくれます。そちらもぜひご利用ください。
13:00 | 投票する | 投票数(25) | コメント(0)
2018/03/14

[バスケットボール部女子] 卒業おめでとう!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 3月13日(火)熊谷西高等学校第41回卒業証書授与式が行われ、女子バスケットボール部員5名も新たな道へと旅立っていきました。
 この代は、現ヘッドコーチの私(小鹿野)が西高に異動した年に入学した学年で、初めて3年間かかわりあった部員たちです。4月当初は新入部員2人ということで、どうなることかと心配しましたが、2年生に進級するときには5人(バスケットでは試合を始められる最低限の人数)となりました。なじみのスポーツ店の方に「部員が減ったという話しはよく聞くけど、どんどん増えていくなんて聞いたことないよ」といわれ嬉しくなったのが昨日のことのようです。
 そんなドタバタの代でしたが、新人大会では見事12年ぶりとなる県大会出場を果たしました。先日の教育講演会で講師の指田先生が「ひたむき」という言葉の素晴らしさをお話しくださいましたが、彼女たちがひたむきにバスケットボールに取り組んでくれたことが、この結果につながったのだと思います。この姿勢は間違いなく現役部員たちにも引き継がれています。どんな状況でも、あきらめずひたむきにがんばるという姿勢が熊谷西女バスの土台であり伝統になりました。これからの人生でもひたむきに歩んでいってください。「大切にしなければならないのは、ただ生きるのではなく善く生きるということ」(ソクラテス)なのですから。
 最後に3年間物心両面で支援してくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。


12:00 | 投票する | 投票数(25) | コメント(0)
2018/02/14

[バスケットボール部女子] 感謝!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 世間で猛威を振るうインフルエンザが、西高女バスにも(1年生を中心に)多少影響を与えましたが、現在はそれも一段落しました。また、けがで見学を余儀なくされていた部員たちもほぼ復帰し、にぎやかさが戻ってきた今日この頃です。
 県大会が終わってから現在まで、プレイの切れ味を求めて練習してきました。自分たちが持っている脚力をいかにプレイにつなげるかを中心に取り組んだ結果、少しずつではありますが、ワクワクするようなプレイもみられるようになりました。部員も揃ってきたところで、さあ、これから! といきたいところですが、西高では今週金曜日が学年末考査1週間前となり、まもなく試験休みに入ります。もっとバスケットをしたいという気持ちを少しの期間抑えて、本気で勉強に取り組んでもらいましょう。
 今日はバレンタインデー。体育館の都合で練習は休みでしたが、部長・副部長が部員を代表して、読書好きな顧問のために、本型ケースに入った素敵なチョコレートをプレゼントしてくれました。じっくり味わっていただきます。感謝!


18:00 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2018/01/15

[バスケットボール部女子] 新人戦県大会結果

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 明けましておめでとうございます。2018年も西高女子バスケット部をよろしくお願い致します。 
 
 新学期早々の1月12日(金)から新人戦県大会が始まり、西高女バスは1回戦で越谷南高校と対戦しました。ゲーム開始のトスアップを速攻につなげ、幸先よく先取点を取り、ペースをつかむかに思えましたが、相手の#4、#5が確率の良いシュートをコンスタントに決めるのに対して、西高は練習通りにプレイするものの、最後の詰めの甘さから得点を決めきれずに徐々に点差を離されると第1ピリオドだけで33-16と17点ビハインドとなってしまいました。その後も高確率のシュートを決め続ける越谷南に対して、時折得意の速攻が出るものの、ターンオーバーの多さから流れを呼び込むことができないままズルズルと離され、最終スコア 越谷南 100 - 63 熊谷西(33-16, 30-17, 23-12, 14-18) で初戦敗退となりました。
 この県大会に向け、冬休みはかなり走り込んだ結果、持ち味のパス&ランに磨きがかかり手ごたえを感じての大会でしたが、まだまだ力不足でした。ただし練習してきたことは十分通用していた部分が多く、スコアほどの力の差はないと感じています。この試合で見つかった課題をこの後の練習に活かし、もう一段階チーム力をアップさせ、関東大会予選に臨みたいと思います。
 平日にもかかわらず、会場まで応援に駆けつけてくれた多くの保護者・OGの皆様、本当にありがとうございました。



12:00 | 投票する | 投票数(20) | コメント(0)
2017/12/14

[バスケットボール部女子] クリーンアップ大作戦&国際交流

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 期末考査最終日(12/13)、女子バスケットボール部も籠原駅クリーンアップ大作戦に参加しました。前回に続き、女バスの担当は校内入り口付近の花植えでした。この日はかなりの寒さで、しゃがみ込んでの花の植え替えは忍耐のいる作業でしたが、部員達は色のバランスを考えたり配置を工夫したりと楽しみながら頑張っていました。今回の集合写真は「一番の花は私たちです!」という部長の言葉に従い、部員達のまわりを花が取り囲むという配置にしましたが、いかがでしょうか(笑)。この後、久しぶりの練習でしたが、この日はみんなでゲームを楽しんで身体慣らしをしました。

 翌12/14、マレーシアからTEH YONG XIN (通称アシン)さんが熊谷西高校を訪れました。行田ライオンズクラブの関係で日本に短期留学している彼女は、日本の高校を体験したいということでわずか3日間ですが西高に通います。本校でのホスト生徒がバスケット部員ということもあり、放課後バスケット部の練習に参加・見学しました(集合写真の真ん中でボールを持っているのがアシンさんです)。本物の英語に触れたり異なる文化を感じたりできる良い機会なので、ぜひとも積極的に交流を楽しんでくれることを期待しています。ちなみに彼女の住んでいるペナン島は、顧問も訪れたことがありますが、安くておいしい屋台の食べ物やきれいなビーチが満喫できる素敵なリゾート地ですので、皆さんも機会があれば一度訪れてはいかがでしょうか。





19:30 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
12345