メニュー

校長室より今日の熊西学校紹介理数教育の取組銀杏新報(生徒会活動紹介)部活動図書館より在校生とその保護者の皆さまへ中学生とその保護者の皆さまへ卒業生の方へ事務室よりその他のお知らせ

海外姉妹校交流


熊谷西高校はJames Hargest College
(ジェームズ・ハーゲスト・カレッジ) と姉妹校です

熊谷市の姉妹都市
ニュージーランドインバーカーギル市

にあります
 

熊谷西高校緊急情報

自然災害や交通障害の対応、防犯情報などを掲載します。
熊谷西高校緊急情報
 

いじめのない学校を目指して


 

彩の国教育の日

11月1日は「彩の国教育の日」
 

埼玉県からのお知らせ


毎日の埼玉県の情報をあなたのポケットに
(スマートフォン用無料アプリ)
新たに安心・安全機能搭載!
 
平成30年度、29年度校長室だより
校長室だより
12345
2019/03/25

[校長室だより] 平成30年度第3学期終業式校長講話

| by 管理者
平成30年度第3学期終業式校長講話       
                                                   平成31年3月22日(金)
                                                     体育館9時15分
 皆さん、おはようございます。
 はじめに、14日木曜日に第42回卒業証書授与式が終了しました。皆さんにお礼を言います。ありがとうございました。
 今日は今年度の締めくくりに当たり、話します。大きく3点です。
 1点目は今年度を振り返り一つ触れます。
今年度も様々な成果を得たと思います。特に、1年生普通科の皆さんが探究活動「課題探究」に取り組み、理数科生徒の「課題研究」とともに、全校で生徒研究発表会が開催できたことがあります。加えて英語弁論大会やビブリオバトルで成果を得た生徒の発表もあり、とても良かったと思っています。大きな成果でした。来年度は、4月に入学してくる新1年生を加えて、生徒研究発表会が実施できるとよいと思います。
2点目は、次年度に向けて話します。
 2年生、2年生は、来年度は最上級生として、最終学年1年を残すのみとなります。卒業後の進路が目の前に迫っています。最終学年、最上級生としての自覚と考えに立ち、行動し、一人ひとりの目標達成、進路実現に向けて、目標を下げることなく、初志貫徹の精神で取り組んで下さい。 
 次に、1年生、皆さんは、来年度4月からは「先輩」と呼ばれる立場になります。そう呼ばれるにふさわしい自分をつくることが求められます。そして、熊谷西高校で、2年目の大きな飛躍へと取り組むことになります。新年度の2年生が、これから入学してくる1年生の模範となり、中堅の学年として、学校全体をリードして下さい。皆さんの取組に期待します。
 3点目は元プロ野球選手の話をします。高校からドラフトで入団し、怪我のため4年でプロ野球を退団した人です。その後は、難関の公認会計士の試験に合格しました。その元プロ野球選手の言葉を紹介します。「人生、越えられない壁は一つしかない。無理だ、できない、と考えてしまう壁だ。それさえ作らなければ、人生を変えていくことができる。」と述べています。
 最後になります。
 皆さん一人ひとりは、誰でも、可能性という種を持っています。来年度はその種に少しずつ水やりをして、それぞれの花を咲かせて下さい。
 明日から学年末休業、そして、春季休業になります。4月に向けた学習に取り組むとともに、健康で元気に過ごし、新年度を迎えて下さい。
                 おわります。
15:50 | 投票する | 投票数(7)
12345