海外姉妹校交流


熊谷西高校はJames Hargest College
(ジェームズ・ハーゲスト・カレッジ) と姉妹校です

熊谷市の姉妹都市
ニュージーランドインバーカーギル市

にあります
 

いじめのない学校を目指して


 

彩の国教育の日

11月1日は「彩の国教育の日」
 

埼玉県からのお知らせ


毎日の埼玉県の情報をあなたのポケットに
(スマートフォン用無料アプリ)
新たに安心・安全機能搭載!
 
読書にしニャン図書委員や先生、
教育実習生のおすすめ本を
紹介します。
 

おすすめ本の紹介


2018/06/05

図書委員おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by:図書館
『百年法』上・下
山田宗樹/著  KADOKAWA
1945年、太平洋戦争終結。
日本には原子爆弾が6発投下され、
都市部は壊滅。人口は半減。
日本全土を支配下に置いたアメリカは
天皇制を廃し、共和制を敷いた。
そんな中、GHQは
すでにアメリカで実用化されていた
ヒト不老化技術(HAVI)を
日本に導入することを決定する。
そのHAVIの導入時に一つの法律が制定された。
生存制限法、通称「百年法」である。
百年法とは、
「HAVIを受ける者は、処置後百年を経て、
生存権をはじめあらゆる権利を放棄することに
同意せねばならない」というものであり、
つまり百年後には死ななければならない
ということである。
そして西暦2048年。
実際には訪れることはないと思っていた
百年目の死の強制がいよいよ間近に迫っていた。
今、日本はたくさんの国難を抱えています。
その現代に生きているからこそ心に響く一冊。
この本を読むと人間の生と死について考えさせられます。
是非読んでみてください。
(3年・H)


09:50 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)