海外姉妹校交流


熊谷西高校はJames Hargest College
(ジェームズ・ハーゲスト・カレッジ) と姉妹校です

熊谷市の姉妹都市
ニュージーランドインバーカーギル市

にあります
 

いじめのない学校を目指して


 

彩の国教育の日

11月1日は「彩の国教育の日」
 

埼玉県からのお知らせ


毎日の埼玉県の情報をあなたのポケットに
(スマートフォン用無料アプリ)
新たに安心・安全機能搭載!
 

カウンタ

あなたは2016年6月23日から13015人目のゲストです!

日誌


2017/08/28

[女子バスケットボール部] シードチームを撃破し、県北選手権ベスト8!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部女子
 8/21(月)~25(金)にかけて夏の総決算ともいうべき県北選手権大会が行われました。今大会、女子はベスト4シードのうち3チームが敗れる波乱の大会となりましたが、その一翼を担ったのが熊谷西高校でした。
 ノーシードの我がチームは1回戦深谷高校と対戦し、出だしの第1ピリオドで 39-4と圧倒すると、その後も手を緩めることなく96 - 30で快勝しました。続く2回戦が山場となる第4シードの松山女子高校戦。現ヘッドコーチが2年前に就任して以来、何度も苦杯をなめさせられた因縁の相手です。2年前の1年生大会(熊西は1年生が足りず、2年生との合同チームでしたが、それでも松女の1年生チームに敗北)、それに続く県北選手権大会、今年の新人戦県大会、現3年生最後の高校総体予選、さらには今年の1年生大会と常に我々の前に立ちはだかってきました。組合せが決定した時から、この試合を目標にがんばってきた結果、第1ピリオドこそ18-16と接戦だったものの、第2ピリオド以降この夏みんなで取り組んできたオールコートマンツーマンプレスディフェンス(ちなみにオールコートディフェンスがかなり疲れることは『スラムダンク』でも紹介されています)が効果を発揮し、最終的に99-50と完勝することができました。準々決勝の桶川高校戦、出だし絶好調の熊西は22-11とリードするものの、その後相手のゾーンディフェンスに対して対応しきれず、相手の高さにも苦しみシュートの確率が低下し、第4ピリオドで引き離され48-62で敗れ、最終日の順位決定戦へ回りました。残念ながら最終戦の早大本庄にも敗れ、最終順位は7位。それでもこの大会で最終日まで残ることができ、公式戦を4試合も戦えた経験は部員にとって大きな財産となったはずです。
 今大会は平日開催で、なおかつ会場が秩父地域中心にもかかわらず、多くの保護者の方々に応援していただきありがとうございました。また、「今日の熊西」コーナーの「男女相互に試合を応援 さわやか西高生」にもあるように、男子部員の応援も大きな力となりました。男子部員諸君、ありがとう。
 今大会は波乱続きであったため、実力的には西高と同等以上の学校がノーシードにたくさんいます。この秋はさらに実力を蓄えて、新人戦でも今大会以上の結果を残せるようにがんばります。みなさん、熊谷西高校女子バスケットボール部の応援をよろしくお願いいたします!


11:00 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)